-

新聞のチラシ、スポーツ新聞紙、電信柱に張り付けられた宣伝広告やダイレクトメールなどで、「債務の効率化手伝います」「多重債務をまとめたいですよね」といった売り言葉を目に入れることがありませんか。こういったものは、「整頓屋」「買取専門屋」「つなぎ業者」と呼ばれる悪徳会社の宣伝のケースもあるのです。こういったものを申し込んだ場合では破産申立の中で一番大切な免責許諾を受けられなくなる恐れがあります。「整理屋」の場合は、宣伝などで多重債務者を呼び出し常識外のサービス料を要求して整理を行いますが借金整頓は行われないで、当人はより一層の債務スパイラルに落ちる結末がすべてと言ってよいでしょう。「買取業者」というのは負債者の借金で、旅行の券を大量に購入させて、依頼者からそれらの品を購入額の30%あるいは額面半値で受け取るという手段のようです。借金者は短期にはキャッシュが懐に入りますがそのうちカード業者経由の購入物の売値の請求がくることになり、実際は債務を悪化させる結果になります。このケースではクレジット会社に対して犯罪行為とされて免責判定を受けられません。「紹介人」とは、人気の金融業者から断られる債務者について業者としては金貸しは一切せずに、金貸しをする関係無い業者を知らせ、高すぎるサービス料を請求する会社です。紹介業者は自分の努力で貸出してもらえたというふうにしゃべりますが現実は何もせずシンプルに調査の通りやすい店を知っているだけなのです。このときも実際は負債額をアップさせる結果に終わります。

Category

リンク